2013年11月 3日 (日)

はやいもので・・・

いつの間にか11月。今年も後二ヶ月で終ると思うと今年はいったいどこにいったのかな?と考えてしまいます。

ハロウィーンは5人しか来ずにたくさん買ったハロウィーンのお菓子は翌日会社に持っていってチームのみんなと食べました。

冬時間にもなり日が短く、気温も下がってきました。来週はヒンズーのお正月ディワリがあるので両親宅へ行く予定です。

これが終ればクリスマス。あっという間に終ってしまいますね。

2013年10月27日 (日)

砂糖舟の沖に沈んどらすなぁ

母は口が悪い人でした。いつもすばずば物をいい、はっはっはっはと笑う人でした。きっと周りの人たちは彼女のがさつさに傷ついていたことだろうと思いますが、性根は悪くない人でした。

今日、キッチンの引き出しで2年前に日本から持ってきた小豆を見つけました。母が横で『炊いてみんかい、そろそろ?』といっているようで何年ぶりかにぜんざいを作ってみました。

いつもより砂糖を多めに入れましたがきっと甘党の母は『砂糖舟の沖に沈んどらすなぁ』といいながら食べているかと思います。父も甘いの好きでしたから二人で仲良く寒い秋の日に温かいぜんざいと熱いほうじ茶を一緒に。(父は緑茶派でしたからほうじ茶なんて飲まないかな。)

小豆好きのひろりんにも影膳。

最近、家族のことをよく考えます。母のことも毎日。そばに居てくれてると思います。

Zenzai

ご縁

今回日本へ行くのも、滞在中も全て『ご縁』があったように思います。

急に決めた日本行き、大きな目的は墓参りでした。生まれて初めて墓石を磨き、拭き、流し、清め、祈る、というお参りがしたくて。願いが叶いました。(実は実家滞在すぐには行かず、ある日朝早く目覚め、すがすがしい朝日の中、墓山を登って行ってきたのです。)

お墓をこんなに丁寧に参ったのは恥ずかしながら初めてでした。でもここ数年、ずっと気にかかっていたことも確かでしたから実行できて良かった。

それから兄とその家族、ひろりんとみんなで天草の実家でご飯を食べたり。ここでも誰かがこうしてほしいという『力』が働いているように私たちは心豊かに食事をしたり、日々穏やかに過ごすことができました。

明らかに私たち兄姉との関係は母が居た時と少し形が変わりましたが、その時になかった何か絆のような濃いなにかがつながりとして形成されているように感じました。うまくいえませんが新しい家族としての形だと思える関係です。

ある日、姉2が易学の先生と話しているときにふと「会ってみたいな」と思い、電話でお願いしてみるとちょうど熊本に行ってる間にあえるという。しかも早い段階で。車を出してもらう姉1や姪にも相談せず仮押さえして結局ご縁があったからキャンセルせずに会えました。

その時見ていただいている間にふと話がでた透視ができるという方とも後日お会いすることに。その方はとてもあっさりとものをいってくださるお坊さんで私の予約の時間にお伺いした時、前の方のために長いお経をお読みになっていらっしゃいました。そのお経がとてもずっしり私の肩に乗るように感じられて、またそれが特別なお経だということも心でわかるほど。後で聞いたら年に一回ほどしか読まないとても特別なお経との事。それをきっと誰かが私にも聞かせたくてこのタイミングだったのではないかという気がしてしまいました。

易学の先生、そしてお坊さんいわく、この10月は、一人で家に戻り先祖に感謝するという月だったそうです。確かにそうです。一人で戻り、お墓参りがしたくて仕方がなく、感謝したくて。それが全て結びついたのですね。

透視のお坊さんが私に持たせてくれたお守りと、私が今すべきと考える嫁ぎ先のご先祖様に感謝できるようこの小さなお経本をくださいました。

思い出したときに声に出して読み、最後に両家ご先祖様に感謝の心で手を合わせます。

般若心経は美しいお経で花の経といわれるほどだそうで、良いお経だそうです。

ご縁というのはあるのですね。しかも誰かが私をその方向へ導くようにあれよ、あれよと進む、そんな滞在でした。感謝。

Photo_4

2013年10月26日 (土)

一人ご飯

先日、約三週間の日本での休暇から戻ってきました。日本は連日30度前後だったので、寒いロンドンに舞い戻った時はそのまま次の便で日本へ引き返したくなったほどです。

日本では会いたいなと思う人たちと全員会えました。小さな甥と姪もみれたし、いうことなしでした。最後は天草のひろりんも加わり、姉妹3人で小国のはげ温泉へ。最高にいい天気と幸せな日々でした。

ホリデー明け翌日から仕事。毎日、日々のことに追われ、あっという間に普通の生活に逆戻り2週間。早いですね。

今週はDがゴルフ仲間とドーセット地区へ遊びにでかけているので、私は一人です。だから冷凍庫の中の処分と、野菜は今週からはじめた無農薬野菜を使った料理を。

これは木曜日の夜。一人でサンドイッチ。中身はDの作ったツナミックスと無農薬野菜と一緒に購入した卵(一個運搬中にひびがかかってしまってそれつかいました。)を焼いてチーズと。付け合せは無農薬ビートルート(ビーツ)とリンゴを刻んで、それにブルーチーズをいれ、味付けはレモンがなかったのでざくろのお酢(友人からいただいたもの)をたっぷりふりかけ塩コショウのみ。そしてトマトと向こう側の黒いのは青汁のもとにもなっているケール。実はケールをあまり使ったことがなくて、オリーブオイルとパルメザンをふりかけ、オーブンでケールチップスを作りました。

Photo

そしてこれは今日のランチ。月曜日にまた新しい無農薬野菜と卵の詰め合わせがくるので野菜の消費。このかぼちゃ、こっちでよく見るバターナットスクワッシュで、普段買うのは煮物にはいまいちな水っぽいものばかり。だけどこの無農薬のバターナットスクワッシュ、驚くほどしっかりしてあまい! 感動です。

Photo_3

野菜はケールとマッシュルームのソテー。少量のバターでいためて塩コショウ。真ん中のはビーツとリンゴのさらだの残りです。

今日もお金使わなかったわ。うれしい。

これから少し貯金しようと思ってる矢先なので。ふふふ。

2013年8月12日 (月)

夏! BBQ!!

お久しぶりです。

実はDが月曜日からNYCへ旅行へ行ってしまい、私は少し寂しいですが今週末は同僚達と我が家でBBQをしました。

最近、晴れ女の私のBBQですので、晴れてもらわねばならぬ!と願をかけていたらやっぱり晴れてくれました。(神様、ありがとう)

15名ほどのお客様たち。赤ちゃんずれのママたちは夕方に帰って、残りの8名は夜中前にあわてて帰るほど話に花が咲いてしまいました。

旦那さんがいると旦那さんと友達の狭間で思い通りには楽しめませんから、ここぞとばかり私だけのプライベートエンターテイメント時間を楽しみました。

最近、今が一番幸せだなと感じる毎日です。これの一つの理由はこの同僚であり仲のいい友達が毎日よくしてくれるから。この人たちが居なかったら私のロンドン生活はとてもつまらないものとなるほど私の毎日を明るくしてくれます。

はぁ、楽しかったのでまたしたい!

Bbq

2013年4月16日 (火)

帰国のお知らせ&Lineはじめました!

12月26日に発ち、12月27日から11日まで日本です!やっほー!

D夫はとてもブーイングしていますが(『じゃぁ、僕は?』という)一人でゆっくり帰ります。

だって毎年、クリスマスとお正月もなーーーーんにもせずに家族サービスだったんですから、今年はゆっくり私は私の家族と年越しします。ちょっと可愛そうな気もしますが、居てもきっと同じ事思うはずなので、行っちゃいましょう。

実家周辺、熊本市内にしかいませんが、お知らせです。

それとLineはじめました。これもよろしく。お友達の方で私の携帯番号知らない人はこちらまで連絡ください。→名前旧制(英語で)@gmail.com です。

真由子、お正月明けにでもプチ同窓会しませんか? みんな、子持ちだろうからお昼、ちえみのお店でも。

2013年4月14日 (日)

春が来た!

ようやくロンドンの長かった冬が終りそうで、今日はとても温かい。

去年植えた庭の水仙の花が満開です。それだけで嬉しいのは私だけじゃないはず!

Photo

2013年4月 6日 (土)

忙しい妻 VS 寛ぐ夫

こちら毎日の様子。

私、家に帰って着替えて手を洗って、台所でスピード料理。↓こんな感じで可能な限りの食材をあわせ、早く作ります。この日はラムチョップのグリルでバルサミコソースかけ。

料理、テーブルセッティング、片付け、全て私がします。

Photo_3

その反面、このお方。Ipad片手に寛いでいらっしゃいます。

たまに毒でも盛ってみるかと思いますがトリカブトなんてないだろうし。笑。

これから結婚する姪1には尽くしてくれる人からもらってもらいたいと思います。(頑張れよ。)

Photo_4

追伸: 4月2日に姪に第一子となる女の子が生まれました。予定より2週間ほど早かったようですがとても可愛かったです。早く会いたいです。

今日、兄嫁うーちゃんと電話で話しました。彼女はいつも『すーちゃん、いつ帰ってくる?』と聞いてくれる心優しいお嫁さんです。そのうーちゃんも7月13日が予定日らしいので、今年は年末年始ゆーーーーっくり一人で(←ここみそ!)帰りたいと思っています。

2013年4月 5日 (金)

節約生活

今月は飲み会や美容に出費が多く、少し金欠。今週のランチは我慢してまたお弁当三昧。

久々にパッタイを作ってお弁当にもっていきました。炭水化物はお昼までに摂取することにしました。

Photo

豚肉万歳!

今日はまた寒くなり雪となりました。いい加減嫌気が差してくるほど温かくならない英国。嫌いじゃないけどうんざり気味の毎日。

ジムに行くはずがTシャツを忘れ、そのまま家に帰ってきました。会社を出るときから豚肉(細かく言えば豚バラ)とキャベツの炒め物が食べたくて、スーパーによってかってきました。

早速着替えてフライパンに豚バラをいれ、油が出てきたところにキャベツとしし唐を投入。物の5分で作れるずぼら料理。でもこれが最高においしいのですよね。味はウースターソースにするか、回鍋肉風に八丁味噌でいためるか迷いましたが、今日は塩コショウ。コショウは『白』に限ります。白コショウは豚肉の演出家だとつくづく思うのは私だけかしら。黒胡椒が一般的に使われるイギリスでは白胡椒は貴重です。日本で買ってきた胡椒を使いました。

豚肉万歳! 野菜炒め最高!

Photo_2

«イースターホリデーは予定なし

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

私の別ブログ

無料ブログはココログ